糖鎖構造機能解析グループ

連絡先

hyagi_at_phar.nagoya-cu.ac.jp
kkhoo_at_gate.sinica.edu.tw
(_at_ は@に置き換えてください)

関連ウェブサイト

研究内容

糖鎖は細胞の表面を覆っており、ウイルスの感染やがんの浸潤・転移をはじめ、細胞の認識やコミュニケーションを媒介しています。このように糖鎖は“細胞の顔”として様々な生命現象に関与しており、医学・薬学分野においても注目されています。しかしながら、糖鎖はゲノムに直接コードされていないことかとから、糖鎖の構造を予測することや、発現を制御することは困難です。私たちは、糖鎖構造解析に立脚したアプローチ法を駆使して、糖鎖の生合成システムを包括的に理解するとともに、糖鎖が担う生命情報を解読することを目指しています。