機器案内

自然科学研究機構 生命創成探究センターの共同利用機器をご紹介いたします。

装置の利用を希望する研究者の方は、公募要項のページを確認し、「機器利用研究」のお申し込みをお願いいたします。

公募要項はこちら 申請方法はこちら

不明点がございましたら、相談窓口 までお問い合わせください。

相談窓口担当: collabo_at_excells.orion.ac.jp
(_at_ は@に置き換えてください)

生命創成探究センター 共同利用機器一覧

探針走査型高速原子間力顕微鏡/蛍光顕微鏡複合装置

2つのタイプの高速原子間力顕微鏡(AFM)が設置されています(SS: サンプルスキャンタイプ、PS: プローブスキャンタイプ)。両方ともタンパク質の構造変化や分子間相互作用を1 nmの空間分解能、10 fps以上の時間分解能で観察することができます。また、バクテリアや哺乳類細胞等の比較的大きな生体試料も数μmの視野で表面形態を1 fps以下の時間分解能で観察できます。PSタイプは全反射蛍光顕微鏡との複合機になっており、蛍光標識したタンパク質を同一視野で高速AFMと蛍光顕微鏡で観察することも可能です。SSタイプでは試料基板のサイズは1.5 mmφに制限されていますが、PSタイプではサンプル基板として標準的なスライドガラスが使用可能です。

超分子質量分析装置

超分子質量分析装置SYNAPT G2-Si HDMSシステム (Waters社)です。nanoESIによる試料導入とQ-TOF型の質量分析装置が組み合わされており、タンパク質複合体のような生体超分子の非共有性結合を維持したまま測定することが可能です。そのため、複合体のStoichiometryの決定などに大きな力を発揮します(native-MS)。また、UPLCと接続されており、LC-MSも可能となっています。

高速ライブイメージングシステム

共焦点スキャナユニット(Cell Voyager CV1000)は培養装置が一体となったスピニングディスク顕微鏡システムであり、ハイスループットに細胞機能の解析を行うことができます。特にライブイメージング観察に適しており、生きた細胞の様々な反応を高速かつ詳細に調べることにより、様々な細胞機能の解明などに役立ちます。

  • ガラスボトムディッシュ上で培養した細胞を、長時間ライブイメージングすることが可能
  • マルチビームスキャン方式の広視野共焦点スキャナユニット搭載により超高速画像取得を実現
  • 96ウェルプレート/分の高速撮影
  • 対物レンズを5本搭載1.10x dry (UPLSAPO10X2, NA0.40)2.20x dry (UPLSAPO20X, NA0.75)3.40x dry (UPLSAPO40X2, NA0.95)4.40x oil (UPLFLN40XO, NA1.3)5.60x Sil (UPLSAPO60XS, NA1.3)

 全反射顕微鏡システム

電動倒立顕微鏡に TIRF 照明(405/488/561 nm レーザー)を取り付けてあります。検出器は Andor の EM-CCD です。対物レンズに 100 倍 TIRF を用い、一分子計測や HILO イメージングが可能です。

超解像顕微鏡システム

多機能超解像顕微鏡

超解像観察・蛍光寿命測定・蛍光相関分光の機能を備えた共焦点顕微鏡です。

  1. 超解像(STED, Lightning)
    STED(誘導放出抑制)法により、50 nmを下回る分解能での観察が可能です。また、通常の共焦点と同じように気軽に使える、デコンボリューションによる超解像(Lightning,分解能120 nm)も備えています。
  2. 蛍光寿命測定(FLIM)
    従来のシステムに較べはるかに高速に蛍光寿命を測定できます。分子センサーによる微小環境変化の検出や、蛍光寿命の違いによる複数蛍光色素の分離が可能です。
  3. 蛍光相関分光(FCS)
    蛍光強度のゆらぎ情報をもとに、分子の濃度や拡散係数など、定量的な物理情報を得ることができます。
 2光子STED顕微鏡 

2光子励起を用いたSTED顕微鏡で、超解像観察や2光子励起蛍光寿命測定が可能です。

生体分子相互作用計測装置

生体分子相互作用計測装置、Biacoreシリーズ (GEライフサイエンス社)のBiacore 8Kです。表面プラズモン共鳴とマイクロ流路を利用することで、タンパク質、核酸、脂質等の生体分子間相互作用を計測することが可能です。少量のサンプルから測定可能で、測定対象に対してラベルする必要がなく、また、リアルタイムで計測することが可能です。対象分子間の結合、解離の速度論的な解析に威力を発揮します。

4次元組織イメージング装置

小動物用超音波イメージングシステム(FUJIFILM VisualSonics VEVO 3100)は小動物(マウス)の心臓をはじめとした器官、胎児を非侵襲的に観察可能な超音波エコー装置です。心臓の観察においては、心臓の動きを4次元的に観察することができ、より正確な心機能計測が可能です。また、空間分解能に優れており、母体内の胎児の形態観察や心拍数計測できます。カラードップラー法・パルスドップラー法も備わっており、体内血流評価にも使用できます。

  • マウスの体温を維持しながらイメージング可能。
  • 心電図を取得しながらイメージング可能。
  • 心臓内壁の動きを4次元的に解析。
  • 小動物(マウス)用プローブMX400を搭載。
  • 胎児の観察も可能なため、発生生物学的研究にも使用可能。

細胞分取・計測システム

蛍光タンパク質や蛍光色素で標識した抗体を使って、細胞内分子の発現量や状態を1細胞レベルで大量に計測し、さらに分取することができます。
本装置(セルソーターMA900)は、各種のソーティング設定(レーザー光の光軸調整、ソーティングのための電気的タイミング調整、サイドストリーム調整、コレクションチューブ位置調整)を自動で調整することが可能です。4種類のレーザー(405 nm、488 nm、561 nm、638 nm)が備えられており、96ウェル、384ウェルに対応した細胞の分取が可能です。

各共同利用機器の担当研究者

  • 探針走査型高速原子間力顕微鏡/蛍光顕微鏡複合装置
    担当者:
    加藤 晃一(kkatonmr_at_ims.ac.jp)
    内橋 貴之(uchihast_at_d.phys.nagoya-u.ac.jp)
    Christian Ganser(cganser_at_ims.ac.jp)
  • 超分子質量分析装置
    担当者:
    加藤 晃一(kkatonmr_at_ims.ac.jp)
    内山 進(suchi_at_bio.eng.osaka-u.ac.jp)
  •  高速ライブイメージングシステム
    担当者:
    高田 慎治 (stakada_at_nibb.ac.jp)
    三井 優輔(mii_at_nibb.ac.jp)
  •  全反射顕微鏡システム
    担当者:
    富永 真琴(tominaga_at_nips.ac.jp)
  • 多機能超解像顕微鏡
    担当者:
    根本 知己(tn_at_nips.ac.jp)
    大友 康平(otomo_at_nips.ac.jp)
    野中 茂紀(snonaka_at_nibb.ac.jp)
  • 生体分子相互作用計測装置
    担当者:
    加藤 晃一(kkatonmr_at_ims.ac.jp)
    谷中 冴子(saeko-yanaka_at_ims.ac.jp)
  • 4次元組織イメージング装置
    担当者:
    西田 基宏 (nishida_at_nips.ac.jp)
    田中 智弘(ttanaka_at_nips.ac.jp)
  • 細胞分取・計測システム
    担当者:
    青木 一洋(k-aoki_at_nibb.ac.jp)

    (_at_ は@に置き換えてください)


自然科学研究機構の各研究所では、他にも様々な研究設備・機器を全国の研究者の皆様にご活用いただいております。詳しくは、各研究所の共同利用研究についての案内をご参照ください。