共同利用概要

ExCELLS では、「生きているとは何か?」という人類の根源的な問いに答えることを目指し、生命構成因子の解析に加え、新しい観点による大規模な生命情報の解読および構成的アプローチを取り入れて生命の設計原理を統合的に理解することを目指しています。コミュニティ横断型の異分野融合研究を展開し、様々な大学・研究機関等の研究者との共同研究を活性化して、新たな生命科学研究を推進していきます。

また、大学共同利用機関法人 自然科学研究機構では全国の大学・研究機関等の研究者のための研究拠点として、個別の大学では整備や維持が困難な大型設備や各種研究機器を全国の研究者にご利用いただいています。

一般共同利用研究・機器利用研究

一般共同利用研究

大学及び公的研究機関に所属する研究者が、センターに所属する教員と協力して実施する共同研究です。
受け入れ可能な研究グループのリストはこちらです。採択実績は受け入れ・採択状況のページをご覧ください。

機器利用研究

大学及び公的研究機関に所属する研究者が、センターに設置されている機器を利用して実施する共同実験です。共同利用していただける研究機器は機器案内のページをご覧ください。
受け入れ可能な研究グループのリストはこちらです。採択実績は受け入れ・採択状況のページをご覧ください。

ExCELLS課題研究

ExCELLS課題研究(シーズ発掘)

生命創成探究センターが目的とする「生きているとは何か?」という人類共通の根源的な問いに答えることを目指す研究に関連する以下の研究課題について、自然科学研究機構以外の大学及び公的研究機関に所属する研究者が、本センターに所属する2つ以上の研究グループと協力して実施する共同利用研究です。
受け入れ可能な研究グループのリストはこちらです。採択実績は受け入れ・採択状況のページをご覧ください。

〈研究課題〉

  1. 人工細胞創成に向けての基盤技術の開発研究
    (1)理論・計算科学および化学的アプローチ
    (2)分子・細胞生物学的アプローチ
  2. 細胞ネットワークの人工構築に関する研究
  3. 生命の極限環境適応に関する研究。

ExCELLS課題研究(一般)

ExCELLS課題研究(一般)では、以下の研究課題について、自然科学研究機構以外の大学及び公的研究機関に所属する研究者に、本センターに所属する2つ以上の研究グループおよび本センターが新たに雇用する年俸制の特任助教と協力して研究を実施していただきます。
採択実績は受け入れ・採択状況のページをご覧ください。

〈研究課題〉

  1. 人工細胞創成に向けての基盤技術の開発研究
    (1)理論・計算科学および化学的アプローチ
    (2)分子・細胞生物学的アプローチ
  2. 細胞ネットワークの人工構築に関する研究
  3. 生命の極限環境適応に関する研究

連携研究 

生命の設計原理の理解を目指す研究の発展に資するため、本センター以外の研究機関に所属する複数の研究者が研究グループを構成した上で、新規な研究手法・測定手法の開発等を通じて本センターの既存グループ間のより一層の連携を促進し得る研究課題を提案していただきます。
採択実績は受け入れ・採択状況のページをご覧ください。


お問い合わせ先

研究連携推進室: collabo_at_excells.orion.ac.jp
(_at_ は@に置き換えてください)

申請方法については申請・各種書類のページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染拡大防止について