メッセージ

センター長メッセージ

生命創成探究センター
センター長 加藤 晃一

生命創成探究センター(Exploratory Research Center on Life and Living Systems = ExCELLS)は自然科学研究機構の更なる機能強化を目指すために、2018年4月に設置された機構直轄の組織です。ExCELLSでは「生きているとは何か?」という人類の根源的な問いの解明に向けて、生命の仕組みを観察する新たな技術を開発するとともに、蓄積されていく多様な情報の中に隠されている意味を読み解き、さらに合成・構成的アプローチを通じて生命の基本情報の重要性を検証する活動を行っています。こうした「みる・よむ・つくる」のアプローチを基軸に、極限環境生命の研究者とも協力しながら異分野融合型の研究を進め、生命の設計原理を探究しています。この目的のもとに、国内外の大学・研究機関の連携によりコミュニティ横断型の共同利用・共同研究を推進しています。

 ExCELLSでは、異分野融合研究を推進するためのセミナーや研究会も活発に行っています。特に海外の研究者との学際的交流を企図したFrontier Bioorganization Forum、若手の主体的な企画・運営による研究集会やプロジェクト提案の支援などにも力を注いでいます。おかげさまで、研究成果の発信も順調で、「生きているとは何か?」という問いに向き合った取り組みが着実に進展しています。

ExCELLSは、国際的にも開かれた共同研究を推進する生命科学研究拠点としての役割を果たすべく努めてまいります。引き続き、皆様方のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

センターの挑戦

みる・よむ・つくる

「生きているとは何か?」という人類共通の根源的な問いに真正面から立ち向かう大規模研究拠点は、世界的にも例がありません。ExCELLSは、これまでにない独創的な視点を持った多様な研究者が集い、次世代の生命科学研究を開拓する、新しい研究センターです。「みる・よむ・つくる」を基軸に、学際的かつ独創的な研究を展開していきます。

創成研究領域

「みる」ことで学ぶ生物学から「よむ」「つくる」ことで学ぶ生物学への流れを実現し、この3つのアプローチを一体として研究を進めていくことで、「生きているとは何か」の解明を目指します。

革新的な計測手法を開発し、複雑な生命システム全体の中における各構成要素のダイナミックな振る舞いをありのままに観測します。さらに、その背景にある物理化学的諸量の変化の可視化を行っていきます。

計測・観測を通じて蓄積されていく多様な生命情報の中に隠されている意味を解読し、理論体系化し、予測します。そのための情報科学・理論科学・計算科学的アプローチを発展させます。

生命システムを実験的に構成すること、あるいは計算機上で構築することを通じて、外部環境の変動の中で秩序創発していくロバストな生命の本質を統合的に理解することを目指します。

さらに、生命の始原形態や環境適応戦略を理解するために極限環境生命の研究者とも協力しながら、異分野融合型の新研究を進めていきます。

研究グループ一覧

極限環境生命探査室

深海、地下、極地、大気圏外などにおける生命体の活動を探査・解析することを目指して生命の始原形態と環境適応戦略を理解する研究を実施しています。

研究グループ一覧