神経ネットワーク創発研究グループ

連絡先

shigashi_at_nibb.ac.jp
(_at_ は@に置き換えてください)

関連ウェブサイト

研究内容

我々のグループは、ゼブラフィッシュを用い、転写因子の発現で規定されるさまざまなタイプの神経細胞の形態と機能を調べています。我々のアプローチでキーとなるテクニックは、トランスジェニックゼブラフィッシュを作製することによって、特定のクラスの神経細胞を生きたまま可視化することです。それにより、当該神経細胞の発生過程をダイレクトにトレースすることが可能になり、また、当該神経細胞にターゲットして電気生理学的解析を行うことが可能となります。我々はまた、チャネルロドプシンやハロロドプシンといった光遺伝学ツールを用い、特定のクラスの神経細胞の活動を光により電気的にコントロールすることにより、それらの機能の解析を行っています。

トランスジェニックフィッシュを用いることにより、特定のクラスの神経細胞を生きたまま容易に同定可能である。