生命分子動態計測グループ

連絡先

uchihast_at_d.phys.nagoya-u.ac.jp
(_at_ は@に置き換えてください)

関連ウェブサイト

研究内容

タンパク質や核酸などの生体高分子は、構造変換や自己集合、さらには周囲の分子との結合・解離といった様々な動的現象を介して独自の生理機能を発揮しています。生体分子の機能発現機構を理解するためには、個々の分子の動態を解析することが極めて重要です。溶液中にある生体分子を高い時空間分解能で可視化できる高速原子間力顕微鏡(AFM)技術をベースに、光学顕微鏡一分子計測手法との複合化により、動態と機能が密接に関連した様々なタンパク質の機能発現機構の理解を目指します。また高速 AFM によってタンパク質や生細胞の構造と同時に力学特性のダイナミクスを可視化できる新規技術の開発にも取り組んでいます。