共同利用機器

大学共同利用機関法人 自然科学研究機構は、全国の大学・研究機関等の研究者のための研究拠点として、個別の大学では整備や維持が困難な大型設備や各種研究機器を全国の研究者にご利用いただいています。

 

自然科学研究機構 生命創成探究センターの共同利用機器をご紹介いたします。

 

装置の利用を希望する研究者の方は、こちらの公募要項を確認し、「機器利用研究」のお申し込みをお願いいたします。
 
不明点がございましたら、相談窓口 (相談窓口担当: collabo_at_excells.orion.ac.jp) までお問い合わせください。
※_at_は@にご変更ください。

 

生命創成探究センター 共同利用機器一覧

[1] 探針走査型高速原子間力顕微鏡/蛍光顕微鏡複合装置

原子間力顕微鏡(AFM)と蛍光顕微鏡が一体化した装置です。タンパク質から細菌等に至るまで、様々な生体試料のダイナミクス現象をリアルタイムに可視化できます。高速AFMによる動画と蛍光イメージング像の同時取得も可能です。

 

[2] 超分子質量分析装置

Q-TOF 型質量分析計。穏やかな段階的脱溶媒和により、非共有結合性の弱い結びつきにより形成された生体分子複合体であっても丸ごと複合体の質量を決定することが可能となります。

 

[3] 高速ライブイメージングシステム

細胞培養装置とスピニングディスク型共焦点顕微鏡が一体となった装置。3つのレーザー(488, 560, 640 nm)を搭載しており、安定した環境で長時間(~1 週間)のライブイメージングが可能となります。

 

[4] 全反射顕微鏡システム

電動倒立顕微鏡に TIRF 照明(405/488/561 nm レーザー)を取り付けてあります。検出器は Andor の EM-CCD です。対物レンズに 100 倍 TIRF を用い、一分子計測や HILO イメージングが可能です。

 

[5]多機能超解像顕微鏡

ナノスケールで細胞内構造とそのダイナミクスを観察できます。超解像STED観察、白色レーザーを用いた共焦点観察に加え、蛍光寿命測定(FLIM)や蛍光相関分光法(FCS)も高速高感度で可能です。
 
詳細については、こちらのページをご参照ください。
 

 

多機能超解像顕微鏡による蛍光寿命測定の実験画像はこちら

 
 

各共同利用機器の担当研究者一覧
[1] 探針走査型高速原子間力顕微鏡/蛍光顕微鏡複合装置
担当者:加藤晃一 (e-mail: kkatonmr_at_ims.ac.jp)
           内橋貴之(e-mail: uchihast_at_d.phys.nagoya-u.ac.jp)
[2] 超分子質量分析装置
担当者:加藤晃一 (e-mail: kkatonmr_at_ims.ac.jp)
           内山進 (e-mail: suchi_at_bio.eng.osaka-u.ac.jp)
[3] 高速ライブイメージングシステム
担当者:高田慎治 (e-mail: stakada_at_nibb.ac.jp)
           宮成悠介 (e-mail: miyanari_at_nibb.ac.jp)
[4] 全反射顕微鏡システム
担当者:富永真琴 (e-mail: tominaga_at_nips.ac.jp)
           佐藤幸治 (e-mail: ksato_at_nips.ac.jp)
[5] 多機能超解像顕微鏡
担当者:野中茂紀 (e-mail: snonaka_at_nibb.ac.jp)
※本ページに記載のメールアドレスは「@」を「_at_」としています。

 
 

装置の利用を希望する研究者の方は、こちらの公募要項を確認し、「機器利用研究」のお申し込みをお願いいたします。
 
不明点がございましたら、相談窓口 (相談窓口担当: collabo_at_excells.orion.ac.jp) までお問い合わせください。
※_at_は@にご変更ください。

 

自然科学研究機構の各研究所では、他にも様々な研究設備・機器を全国の研究者の皆様にご活用いただいております。
詳しくは、各研究所の共同利用研究についての案内をご参照ください。

 

各研究所のホームページへのリンク一覧はこちら

ページの先頭へ戻る