NEWS

2021年01月13日
  • セミナー
2020年度第5ExCELLSセミナー

2021年1月29日(金)に、吉川 研一 先生(同志社大学 自己組織化科学研究センター)をお招きし、2020年度第5回ExCELLSセミナーを開催いたします。

日時
2021年1月29日(金) 15:00〜

場所
Zoomオンライン

演者
吉川 研一 先生
(同志社大学 自己組織化科学研究センター)

題目
「化学進化」と「生物進化」の谷間に橋を架ける

要旨
はやぶさ2が持ち帰った小惑星リュウグウ由来のサンプルの化学分析が大きな関心を集めており、宇宙誕生以来の「化学進化」に関して新しい情報をもたらしてくれるものと期待される。一方、地球上での「生物進化」に関しても、Archaeaに研究が進展するなど、知見が着実に増えてきている。しかしながら、最初の生命体がどのように現れたのかといったことは、現在でも深い闇に包まれた謎となっている。RNA Worldなどの仮説も出て来てはいるが、水の惑星である地球でRNAが何故加水分解せずに安定に存在し、複製できるのかといった、極めて重大な問題点がある。今回の講演では、高分子で混雑している水溶液が示す物理化学的な特質に注目して、この「化学進化」と「生物進化」の間に存在する深い谷間に橋を架けることを試みてみたい。

参考文献
[1] H. Sakuta, et al., ChemBioChem, 21(2020). Open Access; doi:10.1002/cbic.202000344
[2] 吉川研一、相転移ダイナミクスと生命現象、CSJ カレントビユー 「有機。無機材料の相転移ダイナミクス」、化学同人、157 (2020).
[3] 吉川研一、高分子が創り出す“生命らしさ”、高分子、69, 141(2020).

ポスター

お問い合わせ先
加藤 晃一(生命分子動秩序創発研究グループ)