メンバー

創成研究領域

温度生物学研究グループ
富永 真琴(教授) 研究室ウェブサイト
生体の恒常性維持においても最も重要な因子の一つである温度に着目し、温度センシング機構や生体温度応答のメカニズムを解明することによって新たな生物学を創成します。
tominaga_at_nips.ac.jp
金属生命科学研究グループ
青野 重利(教授) 研究室ウェブサイト
生体内で様々な機能を発揮している金属タンパク質の構造と機能を明らかにすることにより、金属イオンによる生体機能制御の分子機構解明を目指します。 aono_at_ims.ac.jp
神経ネットワーク創発研究グループ
東島 眞一(教授) 研究室ウェブサイト
モデル生物を用いて神経回路の形成過程と作動メカニズムを分子・細胞・個体レベルで解明し、動物の行動パターンを生み出す仕組みの理解とその制御を目指します。 shigashi_at_nibb.ac.jp
神経分子動態生物学研究グループ
椎名 伸之(准教授) 研究室ウェブサイト
神経細胞などを対象に、細胞内の特定の位置に情報分子が送られるメカニズムを探究し、記憶や学習などの高次機能を制御する仕組みを明らかにします。 nshiina_at_nibb.ac.jp
心循環ダイナミズム創発研究グループ
西田 基宏(教授) 研究室ウェブサイト
環境変化を感知する細胞膜タンパク質の基本動作原理を理解し、筋細胞が集合体を作る過程で自発活動を獲得し、心循環ダイナミズムを創り出す仕組みを理解します。 nishida_at_nips.ac.jp
生物画像情報解析グループ
高田 慎治(教授)[併任]
加藤 輝(特任助教)
研究室ウェブサイト
生物画像データの特性を踏まえた画像処理・解析技法について開発・研究を行っています。生命現象における様々な情報を画像から抽出し,それらの仕組みについてより理解を深めることを目的としています。 kkat_at_orion.ac.jp
生命時空間制御研究グループ
野中 茂紀(准教授) 研究室ウェブサイト
私達は、主にマウスを用いて、発生において繊毛運動が体の左右を決めるしくみを調べています。同時に、光シート顕微鏡という新しい技術の研究も行っています。 snonaka_at_nibb.ac.jp
生命分子創成研究グループ
古賀 信康(准教授) 研究室ウェブサイト
生命現象を司るタンパク質分子は、アミノ酸配列に従って特異的な立体構造を形成し機能を発現します。
私達のグループは計算機を用いて望みのタンパク質分子を自在に設計する技術開発を行っています。
nkoga_at_ims.ac.jp
生命分子動態シミュレーション研究グループ
奥村 久士(准教授) 研究室ウェブサイト
生命体を構成するパーツが集合体を形成していく過程や、組み上がった超分子装置が作動する様子を原子レベルの分解能でシミュレーションして、生命分子システムの設計原理を探究します。 hokumura_at_ims.ac.jp
生命分子動秩序創発研究グループ
加藤 晃一(教授) 研究室ウェブサイト
生命体を構成する多様な分子素子がダイナミックに秩序形成する仕組みを解き明かし、生命分子ネットワークが創発する高次機能を制御することを目指します。 kkato_at_excells.orion.ac.jp
定量生物学研究グループ
青木 一洋(教授) 研究室ウェブサイト
細胞の中で起きている化学反応を顕微鏡により可視化・定量化・操作することで、細胞がどのようにして細胞の増殖や分化、細胞死といった運命を決定しているのかを明らかにすることを目指します。 k-aoki_at_nibb.ac.jp
認知ゲノム研究グループ
郷 康広(特任准教授) 研究室ウェブサイト
ゲノム科学と神経科学の融合学問領域である認知ゲノム科学を推進し,脳やこころの個性や多様性がどのように生まれるのか,その分子レベルのメカニズムを理解することを目指しています。 yago_at_nips.ac.jp
発生シグナル創発研究グループ
高田 慎治(教授) 研究室ウェブサイト
動物の発生や細胞の分化に重要な細胞間のコミュニケーションに着目し、その調節に関わるシグナルタンパク質の特性や動態を理解することにより、細胞の集合から秩序をもった生命体が生まれるしくみを解き明かします。 stakada_at_nibb.ac.jp
植物発生生理研究グループ
塚谷 裕一(客員教授)
川出 健介(特任准教授)
研究室ウェブサイト
生物の形づくりに欠かせない、細胞の増殖や分化に連動した代謝変化をメタボロミクスで同定し、発生現象を駆動/維持する代謝システムの理解を目指します。 kawa-ken_at_nibb.ac.jp
生体分子相互作用計測グループ
内山 進(客員教授) 研究室ウェブサイト
私たちの体内では、タンパク質などの生体分子が動的に入れ替わることで、刻々と状態が変わっています。そうした生体分子が織りなすダイナミックな相互作用を物理化学の方法で定量的に測ることで、生命現象を理解し制御する研究を行っています。
核内ゲノム動態研究グループ
宮成 悠介(特任准教授) 研究室ウェブサイト
私たちは、細胞の運命決定のメカニズムを解き明かそうとしています。運命決定の過程で、遺伝子がどのように制御されているかを、イメージング技術などを使って明らかにしようとしています。 miyanari_at_nibb.ac.jp
構成生物学研究グループ
栗原 顕輔 (特任准教授) 研究室ウェブサイト
人工的な分子システムを袋状の分子集合体にインストールし、細胞を模倣・拡張した人工細胞を構築します。その過程を通して生命の本質に迫ります。 kkurihara_at_ims.ac.jp
生命システム構築研究グループ
佐藤 幸治(特任准教授) 研究室ウェブサイト
遺伝子の中に隠されている生物に備わった優れた機能システムの仕組みを解明し、組織工学や微細加工技術を駆使してそれらを人工的に再構築することを目指します。 ksato_at_nips.ac.jp

 

連携研究グループ

生命分子動態計測グループ
内橋 貴之(客員教授) 研究室ウェブサイト
生体分子は構造変化や周囲の分子との相互作用などダイナミックな過程を経て独自の機能を発揮しています。個々の生体分子の様々な動的現象を直接可視化できる顕微鏡技術を駆使して、生命現象の本質的理解を目指します。
uchihast_at_d.phys.nagoya-u.ac.jp

 

極限環境生命探査室

深海・地下生命研究グループ
高井 研(客員教授) ウェブページ
深海や海底下といった極限環境における生命(圏)の限界を探索し、生命世界ー非生命世界境界を支配する限界条件(エネルギーや元素利用性や物理・化学的境界条件)およびその条件下での生命機能のメカニズムを明らかにします。
kent_at_jamstec.go.jp

 

その他

研究連携コーディネータ
白瀧 千夏子(特任助教)
shirataki_at_excells.orion.ac.jp

表中に記載のメールアドレスは「@」を「_at_」としています。

ページの先頭へ戻る