第9回ExCELLSセミナー

日時

2020年3月10日(火) 16:00〜 
※開催中止
 

場所

自然科学研究機構 生命創成探究センター(ExCELLS)
山手3号館2階 大会議室
(愛知県岡崎市明大寺町字東山5-1)
 

演者

伏見 圭司 博士
(静岡大学理学部生物科学科 特任助教)
 

題目

光スイッチの開発を目指したシアノバクテリオクロムの分子基盤
Molecular Basis of Cyanobacteriochromes for Developing Photoswitches
 

要旨

光は、色、強さ、当てる場所や時間を自由に制御することが可能なツールであり、様々な分析機器に利用されています。近年、光合成生物を始めとする様々な生物から光を感知する機能をもつ「光受容体」が発見されています。光受容体は、特定の波長光を吸収することによって光変換(可逆的な分子構造の変化)を示します。光遺伝学(オプトジェネティクス)と呼ばれる研究領域では、この特性を利用して、光操作によって生体分子の機能を制御する「光スイッチ」の開発が盛んに行われています。
本研究室では、シアノバクテリアのみがもつ光受容体である「シアノバクテリオクロム(CBCR)」に焦点を当て、光スイッチの基盤となる分子の創出を行ってきました。今回のセミナーでは、これまでの知見を基にして本研究室で行ってきた CBCR の機能改変とその分子基盤についてお話します。
 

ポスター



※ポスター画像をクリックするとダウンロードが可能です。
 

問い合わせ先

青木 一洋(定量生物学研究グループ)
 

ページの先頭へ戻る