センターの挑戦

ExCELLSは、生命構成因子の解析に加え、新しい観点による大規模な生命情報の解読および構成的アプローチを取り入れて生命の設計原理を統合的に理解することを目指しています。コミュニティ横断型の異分野融合研究を展開し、様々な大学・研究機関等の研究者との共同研究を活性化して、新たな生命科学研究を推進していきます。

「生きているとは何か?」という人類共通の根源的な問いに真正面から立ち向かう大規模研究拠点は、世界的にも例がありません。ExCELLSは、これまでにない独創的な視点を持った多様な研究者が集い、次世代の生命科学研究を開拓する、新しい研究センターです。「みる・よむ・つくる」を基軸に、学際的かつ独創的な研究を展開していきます。

 

 

・「みる」とは
革新的な計測手法を開発し、複雑な生命システム全体の中における各構成要素のダイナミックな振る舞いをありのままに観測します。さらに、その背景にある物理化学的諸量の変化の可視化を行っていきます。
・「よむ」とは
蓄積されていく多様な生命情報の中に隠されている意味を解読し、理論体系化し、予測するための情報科学・理論科学・計算科学的アプローチを発展させていきます。
・「つくる」とは
生命システムを実験的あるいは計算機上で構築することを通じて、外部環境の変動の中で秩序創発していくロバストな生命の本質を統合的に理解します。

 

「みる」ことで学ぶ生物学から「よむ」「つくる」ことで学ぶ生物学への流れを実現し、この3つのアプローチを一体として研究を進めていくことで、「生きているとは何か」の解明を目指します。

さらに、生命の始原形態や環境適応戦略を理解するために極限環境生命の研究者とも協力しながら、異分野融合型の新研究を進めていきます。

 

多様な知見を融合して生命の本質を解き明かしながら、新しい生命科学研究を、あるいはその種を生む。そんな研究拠点になりたい。 それが、ExCELLSの想いです。

 

ページの先頭へ戻る